あなたの隠れた魅力を引き出す小説講座

初心者大歓迎♡生徒さんの現状やペースに合わせて一緒に作品を完成させていく「日本一敷居の低い」小説講座です。

書いても書いてもしっくり来ないときは、いま、本当に書きたいもの、書けるものを見極める時期

「今日書くものは、今日しか書けない」というのは、作家の中谷彰宏さんの言葉(『人は誰でも作家になれる』)ですが、本当に、書きたいもの、書けるものは、刻一刻と移り変わっていきます。

 

諸行無常とはよく言ったもので、年齢も立場も価値観も考え方も、すべては時間の流れとともに移ろいゆきます。

中身が変わってしまうのだから、そこから生まれるものが変わるのは当然のことです。

 

 

私自身、数年前までは闇の深い作品を得意としていましたが、最近は自分自身が悪夢から覚めてしまったせいか、書こうとしてもイマイチ入り込めなくなりました。

 

そこで、これまで書いたことのないテーマに手をつけ始めました。

これまでの自分では書けなかった、ほのぼのとした作品、あるいは(企業秘密)な作品です。

すると、これまで(約半年以上)の停滞が嘘のように解消されて、急に強い創作意欲が湧いてきました。

 

もし、いま、書いているものにどうしても集中できないのであれば、一度、「自分はいま何を書きたいのだろう?」「どんなテーマ・作風なら楽しんで取り組めるだろう?」と自問してみて下さい。

 

そこから道が開けるかもしれません。